クレジットカードに付帯している海外旅行保険を一刀両断!

保険には有効期限が定められている

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は多くの方が注目しています。海外旅行にいくときには保険に入らなければ大変なことになってしまうかもしれません。高額な医療費を現地で請求されてしまうかもしれません。
そこで海外旅行保険がついているクレジットカードが出番なのです。

ただしクレジットカードの海外旅行保険を詳しく知っている、という方はあまり多くはないのではありませんか。こちらではカード付帯の海外旅行保険の特徴について詳しくお話します。

まず注目してみたのが海外旅行保険の有効期限です。カードの保険には有効期限がしっかりと定められているので、まずはその事実をしっかりと把握しておくことが重要なのです。

海外旅行保険の有効期限ですが、カードによって差があります。しかし、大体の平均期間となっているのが3ヶ月です。90日間以内の保証となっているので、それまでにしっかりと請求しなければ期限切れとなってしまい、海外旅行保険が請求できなくなってしまいます。

中には60日間の期限しか設けられていないカードもあります。有名なカードとしては、リクルートカードやSuMi TRUST CLUBカードなどです。それらのカードに関しては期間設定がかなり短くなっているので十分に注意してくださいね。

そもそもクレジットカードの海外旅行保険では保険金が不足する可能性あり

クレジットカードに付帯している海外旅行保険があれば安心、ということを思っている方が多すぎます。たしかに高額の補償をしてくれているクレジットカードもあるのは事実です。しかし、クレジットカードに付帯している海外旅行保険では足りない、ということもあり得るのです。旅行先で大きな怪我をしてしまうこともあるでしょう。高額な手術をうけることになってしまうかもしれません。もしかすると保険金では賄いきれない、という可能性も少なからずあるわけです。

そもそもクレジットカード1枚の海外旅行保険で全てを賄おう、ということは考えないでください。一般カードの補償額に関しては、最高でも2,000万円から3,0000万円程度となっています。怪我や病気に関しては100万円から300万円程度に設定されていることが多いわけです。
そこで注目をしていきたいのが、複数のカードでカバーしていく、という考え方です。1枚の海外旅行保険ではカバーしきれないような状態になってしまったとしても、複数のカードであればなんとかカバーできる、ということもありえます。
たとえば、怪我や病気の治療費用の最高補償額が200万円のカードを2枚持っていれば、合わせて400万円までカバーできる、というわけです。

病気で亡くなった場合には補償対象外

クレジットカードの海外旅行保険があれば安心、と思ってしまうものです。どんなものでも補償してもらえる、と勘違いしている方もいます。しかし、海外旅行に関する全てが保証されるわけではありません。
注目してほしいのが、病気で死亡した場合にはカードに付帯している海外旅行保険では補償対象外となっているわけです。これは多くのカードをチェックしても同様な状況となっているので注意しなければなりません。

海外旅行先で何かしらの重い病気にかかってしまうかもしれません。そして海外旅行先でなくなってしまった場合には、その保証がされない、ということなのです。保証されるものだと思って請求してみたところ、梨の礫だった、なんてこともあります。

もちろん、海外旅行先で病気にかかってしまった場合のはすぐに帰国して医療保険の範囲内で治療を受ければよいのではないか、と思うかもしれません。しかし、海外で重篤な病気にかかってしまったら、その場から動かせない、というようなことも考えられるわけです。

では、海外で病気にかかるリスクということも考えたらどうすればよいのでしょうか。カード付帯の保険では対応できないので、カードの海外旅行保険ではなく、他の保険に加入して対処する、ということが必要になります。バラ掛けの保険も用意されているので、心配な方は利用してみましょう。

怪我や病気が補償対象外のカードも存在している!

怪我や病気で海外の医療機関にかかった場合には、数十万円や数百万円の医療費が発生することも珍しくありません。海外旅行先で半病気にも怪我にもならないことが極めて重要なのです。
だからといって旅行先で健康でいられるとは限りません。そこで注目してほしいのがクレジットカードの海外旅行保険です。クレジットカードに付帯している海外旅行保険であれば、怪我や病気になって現地の医療機関にかかった場合には補償してもらえるわけです。

ただし必ずしも海外での病気や怪我が保証されるわけではありません。もちろん多くのクレジットカードであれば、病気や怪我の場合も保険対象内となっています。しかし、一部のカードの場合は補償対象外となっているわけです。
海外旅行をする可能性がある、という方は自信が持っているクレジトカードの補償額を確認してみましょう。

ちなみにANAカードに関しては怪我や病気の保障がついていないケースが多くなっています。たとえば、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)やANAJCB一般カード、さらにANAカード(VISA/マスター)には怪我や病気の補償がついていません。救援者費用と事故死・後遺障害の場合のみの対応となっているのです。

最大補償額に注意しよう

クレジットカードについている海外旅行保険で注目しておきたいのが最大補償額です。その名の通りに、最大で補償している金額のことを指しているのですが、各カードによってかなりの違いがあるのです。
一般カードと上級カードでも違いがあります。さらに年会費によっても違いがあるわけです。
こちらではクレジットカードに付帯している海外旅行保険の最大補償額について解説します。

最大補償額ですが、一般カードの場合は1,000万円から3,000万円程度に設定されています。それほど高額ではありませんが、ついていないよりはマシ、といった感じでしょうか。複数枚のカードを持っているのであれば1,000万円から3,000万円でも問題ないでしょう。

上級カードになると、海外旅行保険の最大補償額は5,000万円から1億円に設定されます。かなり高額なので、安心して海外旅行に行けるでしょう。

ただし、最大補償額はあくまで最大補償額です。なんでも最大補償額が設定されるわけではありません。怪我で死亡したときのみに最高補償額が設定されることもあります。重い後遺障害を追った場合に最高補償額が設定されることもあるのです。
行基や怪我だけでは最高補償額が設定されるわけではないので注意してくださいね。

自動付帯と利用付帯について

クレジットカードに付帯している海外旅行保険で注目しておきたいのが、付帯の内容です。クレジットカードの保険は、自動付帯と利用付帯の2つのパターンがあります。海外旅行保険がどちらに属しているのか、ということはカードごとにしっかりとチェックしておかなければなりません。

海外旅行保険の利用付帯と自動付帯ですが、どちらであれば良い、どちらであれば悪い、ということはありません。ケースバイケースでもあるのです。

利用付帯に関しては海外旅行の費用をカードで支払った場合のみに保険が付帯する、といった内容になっています。仮に海外旅行の費用をカードで支払わなかった場合には保険が付帯していない状態になっているので補償されません。
一方で利用付帯のカードを利用して保険を付帯させた場合は、高額の補償がしてもらえる可能性もあるのです。

自動付帯に関しては、海外旅行の費用をカード払いしようがしまいが関係ありません。カードで旅行代金を支払わなくても、保険が付帯している状態になっているのです。
一方で注意しておきたいのが、自動付帯のクレジットカードに関しては年会費が高く設定されている、という特徴があるところです。自動付帯は年会費無料のカードではほとんどありません。年会費をある程度は支払わなければならないのです。

クレジットカードの海外旅行保険は合算可能

皆さんの中には複数のクレジットカードを利用しており、そのそれぞれに海外旅行保険が付帯されていることもあるのではないでしょうか。基本的に保険は合算しては利用できないものが多いのでクレジットカードの海外旅行保険に関しても合算できないと考えている方も多いでしょう。しかし、実はクレジットカードに付帯されている海外旅行保険に関しては合算して利用することが出来るんですね。合算できるものと合算できないものがありますのでその違いは理解しておきましょう。

■合算不可能な保険

先に海外旅行保険の中でも合算が不可能なものについてご紹介しておきましょう。クレジットカードに付帯されている海外旅行保険で合算が出来ないものは一種類だけであり、それは死亡時に支給される保険のみとなっています。

クレジットカードの海外旅行傷害保険として設定されている最高金額は死亡時に支給される金額となっています。この金額については所有しているクレジットカードの中でも最大金額のもので1社だけが利用可能です。日本ではゴールドカード以上のクレジットカードについて1億円が設定されているものが最高ですので、複数枚持っていたとしても受け取れる最高金額は1億円となります。仮に1億円のクレジットカードを複数枚所有していても1億円となりますのでご注意ください。

■合算可能な保険

これ以外の保険については合算することが可能です。1枚のクレジットカードで十分な保険を手に入れるためには海外旅行保険に力を入れているものを狙って手に入れる必要があります。ただ海外旅行保険だけに注目してクレジットカードを作成できる方は少ないのが現状であり、ポイント還元率なども重要な検討対象となることでしょう。

そのため実際のところ手に入れるクレジットカードは海外旅行保険を中心に考えたものでは無いことが多く、1枚では少し物足りない海外旅行保険となってしまうときもあります。しかし、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを複数枚所有していれば死亡補償以外は合算できますのでそれなりの保険とすることが可能です。

■年会費以外のむりょのクレジットカードで保険を強化

年会費無料のクレジットカードである楽天カードやエポスカードには海外旅行保険が付帯されています。年会費無料のもので付帯されているものは少ないですね。これらのクレジットカードも1枚では少し補償が物足りないこともあるのですが、ゴールドカードと合算して利用すればかなり保険を強化することが出来ます。上手く組み合わせて保険を作っておくことが重要にもなるのです。

■海外旅行保険が自動付帯してるエポスカードに注目

クレジットカードを選択する時に注目していきたいのが、海外旅行保険です。ついていれば、もしも海外に行ったときにはしっかりと役立ってくれます。もちろん使わないことが一番良いのですが、安心感というものも間違いなく得られるわけです。

そこで注目したいのは、外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードです。自動付帯であるか利用付帯であるか、と言うものは大きな違いになっています。当たり前ですが、自動付帯をしているカードのほうが圧倒的に利用しやすい、といった特徴があります。旅行代金を支払わなくても、保険に守られている状態になるわけですからね。

このブログでは、海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードについて詳しく解説します。

■海外旅行保険が自動付帯しているエポスカードについて

・年会費無料でありながら海外旅行保険が自動付帯している

海外旅行保険が自動付帯しているクレジトカードのほとんどは、海外旅行保険はついていなかったり利用付帯であったりするわけです。しかし、海外旅行保険がついている年会費無料カードなのがエポスカードです。

エポスカードは初年度だけではなく、2年目以降も年会費がかかりません。それでいて海外旅行保険がついているので、多くの方から注目されているというわけです。