クレジットカードと保険会社の海外旅行保険

海外旅行保険を年会費無料のクレジットカードで

海外旅行保険は基本的にゴールドカードのような年会費が必要なクレジットカードに付帯されているものです。保険は本来お金を掛けて加入するものですし、なかなか年会費無料のクレジットカードでは対応してくれていないのが現実です。しかしながらごく一部のクレジットカードにはなってしまうのですが年会費無料で入会できるクレジットカードにも海外旅行保険が付帯されています。特殊なインビテーションカードなどは今回対象外とし、いつでも新規に申し込みが可能なものをご紹介します。

■エポスカード
年会費無料のクレジットカードで付帯サービスが非常に充実しているクレジットカードがこちらです。全体的にサービスが充実しているクレジットカードなのですが、海外旅行保険に関しても充実したものとなっています。
年会費無料は海外旅行保険の中でも死亡時の補償など限られた部分しか補償されないこともあるのですがエポスカードであれば通院治療費もそれなりに補償してくれます。入院となると少し物足りないですが年会費無料とは思えない補償内容にはなっています。

■楽天カード
クレジットカードとして長年人気を誇っている楽天カードも海外旅行保険が付帯されています。ただ楽天カードに関しては海外旅行保険の適用にあたり利用付帯という方式が取られているので注意が必要です。利用付帯については別途ご説明します。
ただ補償されている内容はさすが不動の人気を誇るクレジットカードだなと思われるようなものとなっています。年会費無料でポイント還元率も高い楽天カードが、海外旅行保険にも力を入れているというのは利用者にとって嬉しいことです。

■セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード
こちらはセゾンのキャンペーンによって年会費無料になるもので、現在であれば25歳以下の方限定で年会費が無料となっています。もとより3000円と比較的安い年会費は設定されていますので、年会費無料のクレジットカードに比べると海外旅行保険は充実したものとなっています。特に国際ブランドがアメリカン・エキスプレスということもありトラベルに関する付帯サービスが充実したクレジットカードであると言えるのです。
セゾンは他のクレジットカードも多く発行しますが年会費と海外旅行保険のバランスとしてはこちらが特におすすめです。

海外旅行保険は基本的に年会費が有料のクレジットカードのほうが充実しています。年会費無料のものだけで済ませる場合は複数枚組み合わせるなどしたほうが良いです。

年会費無料で海外旅行保険を充実させる

クレジットカードの海外旅行保険であまり知られていない事実として複数の海外旅行保険を合算できるということがあります。死亡保障に関しては合算できないのですが、通院に関するものなど実際利用する可能性が高い部分に関しては合算することが可能なのですね。

これを利用するとどういうことが起こるかといいますと、クレジットカードで海外旅行保険を手に入れるときには必ずしも1枚で賄う必要は無いということです。付帯保険が高額になっているものは基本的にクレジットカードの年会費も高額になっていますので他に用途が無ければ少し無駄になってしまうこともあります。年会費が高額ではあるものの保険が充実しているものと言えば「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」や「三井住友VISAゴールド」といったものが代表的なのですが、前者に関しては年会費が31320円ですし後者に関しても相場とは言えども10800円必要となります。

しかし、1枚で賄う必要が無いのであれば年会費も抑えながら自由にクレジットカードを選ぶことが可能となります。どういうことかといいますと、補償は少ないものの年会費の安いクレジットカードを組み合わせることによって年会費が高額のクレジットカードに付帯されている海外旅行保険に負けないものを作るということです。このときに重要なのは年会費無料のクレジットカードをどのように組み合わせて海外旅行保険を充実させるのかということです。

年会費を抑えて海外旅行保険を持つのであれば海外旅行保険ということにも合わせてJALカードやANAカードといった航空系のクレジットカードを利用するというのが一つの手段でしょう。またセゾンカードやオリコカードの中にも海外旅行保険がある程度付帯されているものがあったり「JTB旅カード JMB」と呼ばれる年会費2160円で所有できるクレジットカードもあります。海外旅行保険を手に入れるベースとなるのは年会費数千円のものが良いでしょう。
これだけでは海外旅行保険が物足りないですので必要となるのは年会費無料のクレジットカードです。年会費が無料で海外旅行保険も付帯されているクレジットカードといえば「エポスカード」「楽天カード」「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード」といったものが選択肢としては挙げられます。それぞれのクレジットカードについて海外旅行保険が微妙に異なっていますので、ベースとする海外旅行保険の不足部分を補えるように年会費無料のクレジットカードは用意するのが良いのです。

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険付き

海外旅行保険つきクレジットカードとして注目を集めているのがエポスカードです。実際に多くの方がエポスカードを利用して、海外旅行保険の安心感を得ているわけです。

今回は年会費無料のクレジットカードであるエポスカードの海外旅行保険について徹底解説します。どのような内容の保険がついているのでしょうか。

■海外旅行保険とエポスカードの関係性について

・年会費は本当にかからない!

海外旅行保険は付帯しているエポスカードですが、問題は年会費がかかるのか、という部分だと思います。年会費については一切心配する必要はありません。年会費無料のクレジットカードとなっているのです。

ただし、注意してほしいのが海外旅行保険の最高補償額です。その最高補償額ですが、500万円となっています。それほど高額ではないので、大きなデメリットがある、といっても間違いではありません。

■エポスカードの特徴とは?

・割引特典あり!

カラオケ店のビックエコーの室料が30%オフの設定になっているのです。安くカラオケが楽しめる、といったタイプになっています。他にもファミレスや居酒屋チェーンで飲食代金が10%オフの設定になっています。様々な割引システムが有るカードなので、有効活用していきましょう。

ビックカメラSuicaカード(ビューカード)は年会費無料で海外旅行保険付き

海外旅行保険つきクレジットカードはいくつかありますが、その全てがおすすめとは限りません。中にはあまりよくないものも含まれているわけです。海外旅行保険がついていればどんなカードでも良い、という方はいませんよね。
今回は、ビックカメラSuicaカード(ビューカード)についてお話します。

ビックカメラSuicaカード(ビューカード)と海外旅行保険はどのような関係性にあるのでしょうか。

■ビックカメラSuicaカード(ビューカード)と海外旅行保険の関係性

・年会費と海外旅行保険

ビックカメラSuicaカード(ビューカード)は初年度年会費が無料の設定となっています。2年目以降に関しては、実質的に無料となっています。年に1回でもビックカメラSuicaカード(ビューカード)を利用すると、次年度の年会費がかからない、といった設定になっているわけです。

ビックカメラSuicaカード(ビューカード)の海外旅行保険の最高補償額は500万円となっています。少額ではありますが、年会費がかからないことを考えると、お得と言っても良いのではありませんか?

■ビックカメラSuicaカード(ビューカード)の特徴とは?

・ポイント還元率が高く設定されている

ビックカメラSuicaカード(ビューカード)のポイント還元率は、1.0%から1.5%の設定となっています。かなり高いポイント還元率になっているので、実際に定期的に利用している方が多いカードです。

学生専用ライフカード(ライフカード)は年会費無料で海外旅行保険付き

海外旅行保険がついてくるクレジットカードの中には、いわゆるヤングカードと呼ばれるものもあります。今回紹介するのは学生専用のクレジットカードです。学生専用ライフカード(ライフカード)にはどのような特徴があるのでしょうか。徹底的に迫ってみましょう!

■学生専用ライフカード(ライフカード)と海外旅行保険の関係性とは?

・年会費が無料で海外旅行保険も充実!

学生専用ライフカード(ライフカード)は年会費が無料の設定となっています。初年度だけではなく、2年目以降の年会費もかからない、といった嬉しい特徴を持っているのです。
それでいて海外旅行保険が2,000万円の設定となっています。
年会費がかからないクレジットカードの海外旅行保険が2,000万円というのはかなりの高額、といっても過言ではありません。

■学生専用ライフカード(ライフカード)の特徴とは?

・ポイント還元率に注目すること

学生専用ライフカード(ライフカード)の通常のポイント還元率は0.5%となっています。あまり有利な還元率とはいえないかもしれません。しかし、誕生月になるとポイントが5倍になります。ポイント還元率が、2.5%になるのです。

・年齢制限がある

学生専用ライフカード(ライフカード)は学生専用となっているので、年齢制限が設けられています。18歳から25歳までの学生が申し込めるカードなのです。

JCB EITは年会費無料で海外旅行保険付き

海外旅行保険つきクレジットカードは非常に人気となっています。実際に、海外旅行保険がついていると、海外に渡航するときに安心考えられるわけです。何も補償がないと、海外で何かあったときには大きな問題が発生してしまうかもしれません。

今回は、JCB EITについて解説します。年会費が無料で海外旅行保険がついているので、その内容はどうなっているのでしょうか。

■JCB EITと海外旅行保険の関係性

・年会費がなくても海外旅行保険が2,000万円付帯!

JCB EITですが年会費が無料の設定となっています。ずっと年会費を支払わずに利用し続けられる、といった嬉しい特徴を持っているわけです。
そのように年会費が無料のクレジットカードであるにも関わらず、海外旅行保険がしっかりと付帯しています。なんと2,000万円の付帯となっているわけです。2,000万円の付帯というものは安いわけではありません。安心考えられる額、といっても良いわけです。

■JCB EITの特徴とは?

・リボ払い専用カードである

JCB EITはリボ払い専用カードなので、金利手数料が発生してしまいます。ただし、一括払いができないわけではありません。事前に設定しておくことで、一括払い専用のカードにも出来るわけです。そうすれば金利手数料を支払う必要もありません。

年会費はかかるがdカード GOLDの海外旅行保険に注目

ここまでは年会費がオトクなクレジットカードで、海外旅行保険がついているカードを紹介してきました。しかし、今回は年会費がかかるもののお得な海外旅行保険がついているものを紹介していきます。
そのカードですが、dカード GOLDといいます。果たしてどのような特徴を持ったカードであり、どんな海外旅行保険がついているのでしょうか。

■dカード GOLDと海外旅行保険の関係性

・年会費は10,800円だが海外旅行保険は高額!

dカード GOLDの年会費ですが、10,800円の設定となっています。それでいて海外旅行保険の最高補償額は1億円の設定となっているのです。1億円に守られている、と思えば安心して海外旅行にいってこられるのではありませんか。年会費が10,000円強かかるのは痛い、と思っている方もいるかもしれません。1億円の付帯を考えると、その年会費も安く感じてしまうものです。

■dカード GOLDの特徴とは?

・入会キャンペーン実施中

入会してエントリーをすることで12,000円相当をプレゼントしてもらえます。入会キャンペーンに参加するとポイントがたくさんプレゼントしてもらえるわけです。

・空港ラウンジが無料利用可能

ゴールドカードなので、ラウンジサービスがあります。国内空港のラウンジが無料利用できるのです。