クレジットカードには海外旅行保険が付帯されている!

海外旅行保険の基礎知識

クレジットカードには様々な海外旅行保険が付帯されています。皆さんご存知でしたか?
普段何気なく利用して年会費を支払っているようなクレジットカードにも実は海外旅行保険が付帯されていたりします。年会費無料のクレジットカードには海外旅行保険があまり付帯されていないことだけ難点ですが、保険と年会費はバランスが取られていますので仕方ないでしょう。

さて、海外旅行保険がクレジットカードに付帯されているとはどう言ったことなのでしょうか。これはまずは簡単に説明すると海外旅行に出向く際に保険会社なとで加入する保険に似たものがクレジットカードに付帯されているということです。実際に利用されたことのある方はイメージしやすいとは思いますが、現地での医療費などを補償してくれる保険などがこれにあたります。この他にも海外旅行保険には航空機の遅延に関するものや手荷物の紛失に関するものなどがありますが詳細は別途ご説明します。

このクレジットカードに付帯されている海外旅行保険のなんといっても嬉しいところは旅行保険会社で加入する手間が不要だと言うことです。本来は手続きが必要な海外旅行保険であっても、クレジットカードを利用していれば簡単に利用することが可能なのですね。
もし万が一保険を利用しなけれぱならないことになってしまってもしっかりと補償してくれる内容となっています。まず何かしらの問題が発生してしまい保険の利用が考えられるときはクレジットカード会社に電話しましょう。クレジットカード会社は地域や国ごとにサポートデスクを用意しています。こちらに電話をして指示を仰ぐことで保険を利用したサービスを受けることが可能となります。怪我をしたなど時間にあまり余裕が無いこともあるとは思いますが、なるべくクレジットカード会社に早く電話して確認することが保険の利用時には大切です。後から保険が利用できたはずなのに申請して居なかったから利用できなかったということは無いようにしなければなりません。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険についてまずは正しい補償内容を確認しておくことが大切です。ここで紹介したのは一例であり細かい内容はクレジットカードによって大きく異なったものとなります。そして海外に出向く際は万が一のときにどこに連絡すれば良いのかを事前に抑えておかなければなりません。後から申請することも出来る場合もありますが、基本はクレジットカード会社からの指示で動くのが良いのです。

海外旅行保険はキャッシュレスを利用せよ

海外旅行保険の中にはクレジットカード会社が医療機関などに直接支払いを済ませてくれるキャッシュレス診療と呼ばれるものと、自分で立て替えが必要となるものが存在しています。海外の医療費は日本とは比べ物にならないほど高額になることも多いですので、いくら海外旅行保険が適用されるといっても建て替えは避けたいのが事実だと思います。そのためクレジットカードで海外旅行保険を選ぶときにキャッシュレス診療に対応しているかということが一つ大きな注目ポイントになります。

今やクレジットカードの多くはキャッシュレス診療に対応しています。年会費無料で海外旅行保険が持てる「楽天カード」や「エポスカード」といったクレジットカードでもキャッシュレス診療に対応している時代とはなっていますので心配はかなり減っているのも事実です。気になるときにはクレジットカードの紹介Webサイトなどで海外旅行保険の取り扱いについて説明されていることがほとんどですので確認してみたり、見つからなければ電話で書くにしてみると良いでしょう。
大半のクレジットカードがキャッシュレス診療に対応する時代ではありますが、まだ対応していないクレジットカードもありますし確認することは大切ですね。ちなみに保険会社が提供している保険ではほぼ全てがキャッシュレス診療に対応しているので少し優位かもしれません。

キャッシュレス診療を利用するためにはクレジットカード会社と提携している医療機関を受信する必要があります。この医療機関は全てを自分で把握することが難しいのでクレジットカード会社の会員デスクで確認しましょう。会員デスクに連絡すれば医療機関への連絡などはクレジットカード会社が実施してくれます。そのため利用者はとにかくその医療機関へ出向ければ診察を受けてもらえるのですね。必要なものもクレジットカードとパスポートさえあれば良いですので、キャッシュレス診療であれば万が一のときでも素早くスムーズに対応してくれるのが嬉しいポイントです。ただ、場合によっては近くにキャッシュレス診療に対応している医療機関がないこともありますのでクレジットカード会社の指示をよく確認することも重要です。

海外で高額な医療費を一度建て替えからクレジットカード会社に海外旅行保険の申請をするのは手間も掛かりますし、建て替えが負担となってしまいます。なるべくであれば手間も少なく建て替えもふようなキャッシュレス診療を利用するようにしましょう。

子供も守られる海外旅行保険

海外旅行保険を考えるときに気をつけなければいけないのが子供の保険をどうするかということです。家族での海外旅行であれば子供のぶんの海外旅行保険の選択肢が狭まってしまうのですね。
基本的にクレジットカードの海外旅行保険を利用すれば良いと思いますので両親に関してはクレジットカードをそれぞれ持ったり、どちらか一方のクレジットカードに合わすのであれば家族カードを持つなどして対応するのが基本です。また子供であっても18歳を超えていれば家族カードを持つことが出来ると思いますのでこちらもクレジットカードでカバー出来るでしょう。クレジットカードを持てない子供の海外旅行保険が一番難しい部分ということになるのです。

クレジットカードを持てない子供に対して海外旅行保険を適用するためには家族保険特約いったクレジットカードの特別な特約を利用する必要があります。特約ですので全てのクレジットカードに用意されている訳ではなく、一部のクレジットカードにだけ用意されているのですね。この家族特約を利用すればクレジットカードを持てない年代の子供であってもクレジットカードの海外旅行保険で補償されることになるのです。

さて、子供も守られる家族特約が付帯されたクレジットカードにはどのようなものがあるのでしょうか。

■UCSカード
こちらのクレジットカードには別途海外旅行保険の特約を年会費1080円で付帯する必要があります。ただ、UCSカード自体が年会費無料ですので結果としてこれが一番安く家族特約を手に入れる方法となります。
もとの年会費が無料ですので補償の内容としては少し物足りない気がしてしまうのは事実です。これは年会費とのバランスがありますので仕方ないでしょう。ただ最低限の保険を持っておくという意味では十分利用できる金額に設定されています。海外旅行保険で重視するポイントによって多少は異なってくるので仕方がないでしょう。

■セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費は10800円と少し高額になっていますがゴールドカードらしく付帯されている保険が充実しています。本人の治療費補償が300万円まで設定されておりこれも十分な額なのですが、家族に関しても同様に治療費は300万円まで補償されています。
家族の保険に関しては少し内容が劣ってしまうクレジットカードも多いのですが、本会員と同様のものを提供しているのはさすがアメリカン・エキスプレスというところでしょう。

クレジットカードと一般的な海外旅行保険の差

クレジットカードにも海外旅行保険が付帯されるようになっていますし、クレジットカードを利用せずとも個別に保険会社などに依頼すれば海外旅行保険に加入することが出来ます。これらの保険には何かしらの差があるのでしょうか。どちらを利用すれば良いのか分かっていない方も居ることかと思います。クレジットカードと一般的な海外旅行保険についてどのような差があるのかまとめました。

■補償の内容
クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は自分で補償の内容を変更することが出来ません。クレジットカードとして海外旅行保険はこういった内容ですよと予め決められてしまっているのですね。それに対して保険会社などで申し込みをする場合は用途に合わせた保険を作ることが出来ます。柔軟性は保険会社で取り扱っているもののほうが良いですが、クレジットカードの保険であれば大きく補償することも出来ますので包括していることもあるでしょう。

■保険の金額
クレジットカードに付帯されている保険は有効にするために別途お金を支払う必要がありません。クレジットカードの年会費を正しく支払ってクレジットカードが有効な状態であればそのまま保険も利用することが出来るのが基本です。
保険会社であれば加入時にもちろん掛け金を支払う必要があります。言い換えると保険に加入するために別途費用が必要となってしまうということですね。この保険の金額も補償の内容によって異なったものとなってきますし、後で紹介する補償の期間によっても変わってきますので注意が必要です。

■補償の期間
基本的なクレジットカードの海外旅行保険は出国する日から起算して90日間が保険の有効期限です。つまりこれ以上ながく海外で過ごすのであれば保険切れとなってしまいます。保険会社で加入する保険であればこの補償期間は自由に選択することが可能です。短期間での帰国であればそれに合わせればいいですし、90日を超えるクレジットカードでは対応できないものであればそれも対応してもらうことが可能です。

■家族への海外旅行保険
残念ながらクレジットカードの海外旅行保険で家族も守ってくれるものはそこまで多くありません。家族カードといった考え方もありますが、クレジットカードの発行には年齢制限もありますしお子さんには持たせらないのが事実です。
この点に関しては保険会社の保険を利用するほうが無難であるとは考えられます。ただ、一部のステータス性の高いクレジットカードであれば家族も守られますのでこれは別途ご紹介します。

海外旅行保険はどこに注目すべきか

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険を選ぶときにどこに注目すれば良いのでしょうか。クレジットカードによって補償内容が異なると言われても比較する対象が分からなければイメージしにくいですよね。そこで今回は私なりにクレジットカードの海外旅行保険を比較するときに注目すべき項目を考察しました。

■まずは治療費に注目
海外旅行保険の中で最も利用する可能性が高いのが治療費を補償してくれる部分の保険です。治療費なんてそんな大げさな…と考える方も居ると思いますが、皆さんは平和な国日本に住んでいるからそう感じられるだけです。
先進国であっても健康保険が充実していないような国や私たちのように旅行で出向いて保険が無いような場合はちょっとした治療でも10万円以上必要となることが少なくありません。また入院をしてしまうと短期間でも50万円から100万円の請求が来るなど、治療費は日本では考えられないほど高額なものとなっていることが普通です。そのため海外旅行保険についてもこの治療費をどこまで補償してくれるのかに注目する必要があります。一般的には相当余裕を見て300万円、無難なラインとして200万円の補償があれば良いとされています。

■あると嬉しい航空便遅延保険
この保険は必須ではないですが海外では飛行機の遅延によって乗り継ぎに失敗してしまうようなことがよくあります。こういった遅延によって出た損害は航空会社が完全に補償してくれる訳ではありませんので自分で保険に加入しておくことが望ましいです。
また海外では手荷物の紛失や発送ミスということも起こる可能性が十分にあります。こういった遅延についても海外旅行保険の一部として付帯されていることが望ましいので「JCBゴールド」といった航空便遅延保険も自動付帯となっているクレジットカードを持っておくとフライト面でも安心感が増すことになるはずです。

■携行品損害補償保険
海外は日本ほど治安がよくないところも多々あります。そのため手荷物が壊されてしまったり盗難に合うということも十分考えられます。盗難に関しては自己責任では無いときもあるとは思いますが、手荷物の破損については自分のミスであることも考えられます。
こういったどのようなケースに対しても携行品損害補償を用意しておけなそれなりに安心した旅行とすることが可能です。スマートフォンなどが盗難にあって転売などで見つからなくなることも海外ではありますので、携行品に関する保険も確認しておきたいポイントです。