年会費が無料のカードや、海外旅行保険が自動付帯しているカードなど

■無料で海外旅行保険付きクレジットカードが持てる

市販されている海外旅行保険であればもちろん掛け金が必要となりますし、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険も年会費が有料のものであれば内容が充実していることが多いです。でも、年会費無料のクレジットカードも数多くあるしなるべくならば年会費無料で海外旅行保険を持っておきたいと考える人もいるでしょう。今の海外旅行保険の仕組みを上手く活用すれば、なんと年会費無料でもそこそこの海外旅行保険を手に入れることが出来るのです。万全な対策を狙うのであれば一枚ぐらいは年会費の必要なクレジットカードを持つことも考慮してもいいでしょうがまずは年会費無料のものから活用しましょう。

クレジットカードの海外旅行保険は死亡保障を除いて合算できるという仕組みとなっています。つまり一枚一枚の補償は少ない年会費無料のクレジットカードだとしても2-3枚保有すればそれなりの補償にはすることが出来るわけですね。年会費無料で海外旅行保険を充実させるためにはこの仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が付帯されているものといえば
・エポスカード
・楽天カード
といったものがあります。どちらもポイント還元率や割引といった面から人気の高いものですしすでにご存知の方も多いのではないでしょうか。楽天カードであれば死亡補償は2000万円となっていますし、この2枚を合算することによって通院時の補償も250万円程度まで補償されることになります。これでも年会費無料のクレジットカードを利用していることを踏まえると十分に手厚い保険だとは思えますが、さらに手厚い保険を目指すならばもう一枚年会費無料で所有できる海外旅行保険を探してみることをおすすめします。他にも持てるクレジットカードの例としては
・NICOS VIASO
・DCカードJizile
・JCB EIT
などが例として挙げられるでしょう。冒頭でも述べたように死亡保障に関しては合算することが出来ませんが、通院費などの傷害保険は合算することが出来ますのでこれら3枚をあわせると300-400万円程度の補償とすることが可能です。
年会費無料のクレジットカードであれば複数枚持っていても維持費は掛からないですし保険として持ち続けることも出来るでしょう。ただ、年会費無料のクレジットカードの中には利用付帯になっているものもありますので旅行の際はどのクレジットカードで支払いをする必要があるかには気をつけないなといけないでしょう。

■海外旅行自動付帯・イニシャル

実質年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯するのがInitial(イニシャル)です。
18歳から29歳までを対象としたクレジットカードで、年会費は初年度無料、翌年度より1,250円(税別)です。
ただ在学中は年会費無料になるので、学生は無条件で年会費無料です。
学生以外は年間20万円以上カード利用をし、WEB明細チェックに登録をすると、翌年度の年会費が無料になります。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高2,000万円
傷害治療…最高200万円
疾病治療…最高200万円
救援者費用…最高200万円
賠償責任…最高2,000万円
携行品損害…最高20万円

充実した内容の海外旅行保険が自動付帯します。
実質年会費無料で、ここまで補償があるとお得と言えるでしょう。
ただイニシャルは、年間利用金額により補償金額が下がってしまうことがあるので注意が必要です。
年間20万円以下のカード利用金額だと、翌年度は死亡・後遺障害100万円、疾病・傷害治療が20万円になってしまいます。
これでは自動付帯といっても、しっかりした補償がある…とは言えません。
イニシャルは年間利用金額が確実に20万円以上になる人向けでしょう。
20万円以上利用をすれば、年会費も無料にできます。

・ポイントシステム
1,000円に1ポイント付与になります。
1ポイントを5円相当とすると、還元率は0.5%になります。
ただ入会3か月間はポイント3倍、4か月目以降は海外利用分がポイント2倍になります。
海外での利用が多いなら、ポイントがたまりやすいでしょう。
たまったポイントはステキな商品や他社ポイント、ギフト券などに交換をすることができます。

・ショッピング保険
年間最高100万円のショッピング保険が付帯します。
海外、国内利用とも補償対象となりますが、国内はリボ払いと分割払いのみとなります。

・アメックスブランドもあり
イニシャルにアメックスブランドを選択することができます。
基本的にはアメックスも機能は同じですが、アメリカン・エキスプレス・セレクトを利用することができます。

イニシャルカードは学生や新社会人など、若い世代におすすめのクレジットカードです。
実質年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するので、海外にいくなら持っておくと良いでしょう。
ただ年間20万円以上使わないと、自動付帯でも海外旅行保険の補償金額が一気に下がってしまいます。
年間利用金額が低い人は、注意をしてください。

■三井住友クラシックA

三井住友VISAカードの海外旅行自動付帯の定番カードが、三井住友クラシックカードAです。
クラシックカードもありますがクラシックカードAの方が旅行保険が充実していますので、旅行に行く機会があるならクラシックカードAの方がおすすめです。
三井住友カードクラシックAは、初年度年会費無料ですが翌年度より1,500円(税別)となります。
ただ年に1度カード利用をすること、マイ・ペイすリボに登録することにより、翌年度も年会費を無料にすることができます。
実質年会費無料で、海外旅行自動付帯のクレジットカードを持つことができるのです。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…自動付帯300万円、利用付帯1,700万円、合計最高2,000万円
傷害治療…最高100万円
疾病治療…最高100万円
救援者費用…最高150万円
賠償責任…最高2,500万円
携行品損害…最高20万円

大きな特徴となるのは、死亡・後遺障害補償金額の金額が利用付帯と自動付帯で異なっていることです。
自動付帯分は300万円なので、三井住友クラシックAで旅行だ金を支払わないと、最高2,000万円の補償は受けられないことになります。
補償金額を高くしたければ、三井住友クラシックAで旅行代金を支払わなければなりません。
それ以外の補償金額は同じです。

・国内旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…自動付帯300万円、利用付帯1,700万円、合計2,000万円

国内旅行保険は死亡・後遺障害補償のみとなります。
入院や通院補償はありません。
国内旅行保険も、利用付帯と自動付帯で補償金額が異なっています。
自動付帯分は300万円しかありませんので、2,000万円の補償を受けるには、三井住友クラシックAで旅行代金を支払う必要があります。
ただ一般クレジットカードで国内旅行保険が自動付帯となるクレジットカードは少ないですから、300万円でも補償があれば良いと言えるでしょう。

・ポイントシステム
1,000円に1ポイント付与となります。
1ポイントを約5円相当とすると、還元率は0.5%です。
たまったポイントは家電などの商品の他、ギフト券や他社ポイントなどに交換が可能です。

・ショッピング保険
最高100万円のショッピング保険が付帯します。
海外、国内利用分とも補償対象ですが、国内利用分はリボ払いか3回以上の分割払いで購入したもののみとなります。

三井住友クラシックAは自動付帯の海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険も欲しい方におすすめです。

■セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

海外旅行保険は多くのクレジットカードに付帯しています。しかし、すべての付帯しているカードが良いとは限りません。それぞれのカードをしっかりと吟味していく必要があるのです。今回は、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードの中で特に注目してもらいたいものとしてセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはどのような特徴があるのでしょうか。確認していきましょう。

年会費はかかるけど、実はちょっとお得になるシステムもあるんです。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、21,600円の設定となっています。初年度も2年目以降も21,600円がかかってきます。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードですが、年間のショッピング利用金額が200万円以上になった場合には、翌年度の年会費が半額になります。10,800円で利用できるんですよ。アメックスカードで年会費が10,000円ちょっとというのはかなりお得です。

気になる海外旅行保険については最高1億円まで補償してくれています。国内旅行保険は最高で5,000万円までの補償となっています。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

クレジットカードの中で注目してほしいのがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。もちろん海外旅行保険がしっかりと付帯している、といった嬉しい特徴があるのですが、その他にも注目すべきところがたくさんあるのです。

今回は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについて詳しく解説しますね。一体どのようなメリットが有るクレカなのでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは海外旅行保険が最高1億円までの補償となっています。高額の対応になっているのです。さらに3つの安心も用意されています。その3つの安心ですが。リターン・プロテクションやオンラインプロテクションさらにショップングプロテクションというものです。それらは買い物保険となっており、もしものときにも買い物したお金を補償してくれるわけです。

更に海外に行く時におすすめしたいのがプライオリティ・パス・メンバーシップです。国内外の600箇所以上の空港ラウンジがお得に利用できるようになります。年会費無料で登録できるので、海外によく行く機会がある、という方は持っておきたいクレジットカードですよ。

アメックスカードなので年会費も気になると思います。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は、キャンペーン中は初年度年会費が無料。2年目以降は31,320円の設定となっています。

■MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

海外旅行保険を利用している方は多いのではありませんか。もしものときに役立ってくれますよね。何より海外で怪我をしたり病気をしてしまったら大変です。数百万円の高額な医療費がかかってしまうこともあるからです。そこで海外旅行保険が大活躍してくれるわけです。

今回お話するのは、海外旅行保険付きのクレジットカードでおすすめのものです。MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと言うものですが、海外旅行保険がしっかりとついているので、海外旅行も安心していってこられます。

それではMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴についてお話しますね。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードでありながら、年会費が低めに設定されているのです。嬉しいことに21,600円で利用できるんですよ。プラチナカードで年会費が20,000円台前半というのはなかなかありません。お得なクレジットカードと言っても良いでしょう。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードですが、ポイント獲得にも優れています。特にたくさん利用する方には大きな嬉しい特典があるんです。1年間に一定額以上のショッピングを利用すると翌年の基本ポイントが1.5倍になることもあるんですよ。