クレジットカードの海外旅行保険を知ろう

無料クレジットカードで海外旅行保険を手に入れる

基本的に保険ですので海外旅行保険はお金を支払って手に入れるものです。クレジットカードに付帯されている場合も同様であり、年会費が必要となるクレジットカードだからこそ海外旅行保険が付帯されているというのが基本なんですね。しかしながら世の中には付帯サービスに力を入れて年会費無料でも海外旅行保険を付帯しているクレジットカードが存在しています。このようなサービスを付帯しているのはごく少数とはなっていますが、有料のクレジットカードと組み合わせて保険を利用することも出来ますし維持費も必要ありませんので持っていて損は無いでしょう。

参考:http://cretatsu.com/

■エポスカード

年会費無料のクレジットカードの中で海外旅行保険が最も充実しているクレジットカードと言われています。流石に年会費が無料ですので死亡時適用される最高補償金額は少なくなっているのが気になる部分とはなっています。ただ、通所の通院などに利用することが出来る傷害治療費用に関しては200万円まで補償の対象となっていますので、ちょっとした通院で発生することの多い20-30万円程度の治療であれば十分に対応することが可能です。また万が一2-3日入院してしまったとしても200万円あればある程度は保障されるでしょう。

海外で何かしらのトラブルに巻き込まれたときに利用する可能性がある賠償責任についても2000万円まで付帯されていますのでこちらも海外旅行保険としては安心できる金額ではないでしょうか。エポスカードの海外旅行保険は年会費無料なのにも関わらず利用付帯ではなく自動付帯となっています。クレジットカードを持っているだけでこの保険が利用できるのはかなり魅力的ですね。

■楽天カード

年会費無料のクレジットカードとして長年人気を誇っている楽天カードも海外旅行保険が付帯されているクレジットカードです。内容としてはエポスカードともかなり近しい部分があるのですが、1番に持ってこなかった理由としては楽天カードは利用付帯の海外旅行保険が付帯されているからなんです。

利用付帯の海外旅行保険であると旅行に関する交通費などの支払いをクレジットカードで済ませることによって初めて保険の適用対象となります。そのため保険を利用する可能性を見据えて何かしらの支払いに利用しておかなければならないです。ただ利用付帯とは言えども年会費無料で死亡傷害保険が2000万円、傷害治療費用が200万円まで付帯されていれば十分だと言えるでしょう。携行品損害保険も含まれていますので安心感が高まります。

海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ

クレジットカードの選び方として海外旅行保険に注目したものがあるでしょう。年会費は少し高くなってしまいますがゴールドカードの中には海外旅行傷害保険だけではなく、海外旅行で発生することも多い航空機の遅延に関する保険が付帯されているものもあります。海外に出向くにあたり付帯されていると嬉しい海外旅行保険が充実しているクレジットカードをご紹介します。

■アメリカン・エキスプレス。ゴールド・カード
トラベルやレジャー面んに力を入れていることで有名なアメリカン・エキスプレスのゴールドカードも海外旅行保険が充実しています。年会費は税込みで3万円を超えるためゴールドカードの中でも少し高くなっていますがそれだけ海外旅行保険は充実したものとなっています。
海外旅行傷害保険に関しては自動付帯が5000万円、利用付帯を含めると1億円と国内で発行されているクレジットカードの中では最高クラスの海外旅行保険となっています。これに加えて海外でも利用可能なリターン・プロテクションといったものも海外旅行保険の一部として提供されています。

日本発の国際ブランドであるJCBが発行しているプロパーカードにも海外旅行保険が充実しているものがあります。こちらのJCBゴールドカードには海外旅行傷害保険が自動で1億円付帯されておりこの金額は国内で最高の設定となっています。
年会費に関しても1万円+税とゴールドカードの相場としては標準的なものであり特別高くはないのが嬉しいところです。こちらのクレジットカードも海外旅行保険の一つとして航空機遅延保険が付帯されていますので、手荷物のちえんや手荷物の紛失に関するトラブルで余計な出費が発生してしまったときに補償されます。

■エポスカード
年会費無料で海外旅行保険を手に入れるのであればこのクレジットカードを最もおすすめしています。マルイが発行するエポスカードは最短で即日発行が可能なクレジットカードであり、急に海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを手に入れたいときに頼りになります。
海外旅行保険の内容としても年会費無料のものとしては申し分ないものとなっています。確かに死亡時などに支払われる最高補償金額は年会費が有料のものに比べると少し目減りしてしまう感じは否めません。しかしながら最も利用することの多い病院への通院費などの補償は200万円以上ありますので最低限以上の保証を無料で手に入れることが可能です。

海外旅行保険はキャッシュレス診察が重要

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険には支払いを一旦建て替える必要があるものと、建て替える必要がなく手続き済ませればクレジットカード会社から医療機関に直接支払いをしてくれるものがあります。海外旅行保険の中でも特に後者のタイプのものをキャッシュレス診療と呼んでおり、高額になりやすい海外での医療費を建て替える必要がない保険として人気を高めています。余談ではありますがクレジットカードではなく保険会社を利用して海外旅行保険に加入する場合は全てがキャッシュレス診察となるはずです。

キャッシュレス診療を利用するためにはこれに対応しているクレジットカードを利用することが大切です。有名なクレジットカードでキャッシュレス診療に対応しているものといえば「楽天カードシリーズ」「セゾンカードシリーズ」「三井住友カード」などがあります。この他にも多数あるのですが量が多いので今回は割愛します。クレジットカードの特典などは専用のWebサイトなどを確認すれば紹介されていますのでキャッシュレス診療を希望するのであればクレジットカードの申し込み前に確認しておくことが重要です。

さてキャッシュレス診療が可能なクレジットカードを手に入れていれば通院が必要となったときにクレジットカード会社に利用の旨を連絡することになります。厳密にはキャッシュレス診療でなくとも海外旅行保険を利用するのであれば連絡する必要はあります。クレジットカード会社に連絡を入れるとキャッシュレス診察が可能な医療機関を紹介してもらえます。基本的にはそこに出向いて行けば診察が受けられるようになっています。キャッシュレス診察であればパスポートとクレジットカードを持参すれば問題無いのですが、もしクレジットカードに付帯されている海外旅行保険が利用付帯である場合には保険が適用されているかどうかを確認する手間が発生します。すでに利用明細がクレジットカード会社に届いていれば比較的早く調節出来るとは思いますが、もしまだ明細が届いていない場合には利用したことを証明するものが必要となります。領収書などを受け取っておくなどして保険を利用するときに備えておくことも必要です。

数年前はまだキャッシュレス診療に対応していないクレジットカードも多くありましたが近年はキャッシュレス診察に対応しているクレジットカードの方が多い印象です。スムーズに海外旅行保険を適用するためにも自動付帯でキャッシュレス診療のものを利用することをおすすめします。

海外旅行保険の付帯には種類がある

一般的には海外旅行保険とひとまとめにされてしまうクレジットカードの付帯保険ですが、実はこれには2種類の付帯条件が存在しています。これらの付帯条件は自動付帯と呼ばれるものと利用付帯と呼ばれるものに分かれており、これらの違いを理解していなければいざという時に実は保険が適用されていない、ということになってしまう可能性もあるのです。

■自動付帯とは

クレジットカードの多くは海外旅行保険について自動付帯となっています。こちらの自動付帯はその名の通り海外旅行保険が自動的に付帯されてくるクレジットカードのことを指しています。自動的に付帯されているとはどういうことかと言いますと、クレジットカードに入会した時点で保険が適用される状態になっているということです。

ただ自動付帯と言えども24時間365日保険が適用され続けている訳ではありません。基本的には海外に出国した日を基準日としてこの日から90日間が保険の対象となっています。国内で生活しているときには当たり前ですが海外旅行保険は適用されていないのです。海外へと出国した時点で「自動的に」保険が有効となるのが自動付帯の特徴です。

自動的に付帯されてくる保険のため、保険の適用を忘れていたということが発生しません。これは非常に嬉しい特典でもありますので海外旅行に行く前には自動付帯の海外旅行保険を有するクレジットカードを最低でも1枚は所有しておきたいですね。

■利用付帯とは

自動的に付帯されてこない海外旅行保険を利用付帯と呼んでいます。こちらの利用付帯とはクレジットカードを「利用」することによって保険が適用開始されるものとなっています。このクレジットカードの利用についてもどんなことに利用しても良いわけではなく、旅行に関する公共交通機関の支払いに利用したときから保険が適用される状態となります。また交通費以外の利用に関しては旅行会社などが販売しているパッケージツアーといったものの支払いをクレジットカードで済ませた場合にも適用の対象となります。日本国内で利用した場合に関しては出国した日を起算日として90日間が保険の対象となりますし、海外で利用した場合にはその利用日から起算して90日間が保険の対象となっています。

利用付帯に関してはクレジットカード会社ごとに微妙に「利用」の定義が異なっている場合があります。全て同様だと考えていると条件を満たせていないこともありますので、必ず何にどの程度利用すれば保険の対象となるのかを確認するようにしてください。

海外旅行保険をクレジットカードで使う

海外旅行保険がクレジットカードに付帯されていることは少しずつ皆さんに知れ渡ってきました。しかしながらいざクレジットカードで海外旅行保険を利用したいときにどのように利用すれば良いのかを理解されていない方はまだまだ居るのが現実です。

今回はクレジットカードを持っているのであれば万が一のときに活用したい海外旅行保険についてその利用方法をご紹介したいと思います。

まず海外旅行保険を利用するためにはクレジットカードに付帯されている保険が有効になっている必要があります。これには自動付帯と利用付帯というものがあるのですが長くなりますのでここでは割愛します。海外旅行保険が有効になっている前提で話を進めていきたいと思います。

さてもし海外で急に通院などの利用が必要となった場合はどうすれば良いのでしょうか。このときまずはクレジットカード会社に連絡して通院可能な病院などの指示を仰ぐようにしましょう。クレジットカード会社は世界中に何かしらのサポートデスクを用意しています。どこに電話すれば良いかはクレジットカード会社によって異なりますので出国する前に必ず確認するようにしておきましょう。

クレジットカード会社に連絡すれば通院が必要なものであれば病院の手配をしてくれます。またこの手配される病院はクレジットカードの保険が利用可能な病院ですので安心して利用することが可能です。また通院に限らず何かしら紛失したり賠償責任を負うようなことになった場合もクレジットカードのサポートデスクに連絡を入れましょう。この時も適切な対処方法を案内してもらえますので行動するよりも先に問い合わせてみることが大切です。

通院の場合であれば指示された病院に出向けば診察が受けられます。必要なものとしてはクレジットカードはもちろんのことパスポートも提示が必要となりますので必ず診察を受ける本人のものを忘れずに持参してください。このどちらからでも忘れてしまうと保険を利用できません。

診察が完了すれば支払いが必要となります。最近のクレジットカードは海外旅行保険についてキャッシュレス診察を提供していることが多いですのでその場で現金を支払う必要が無いものも多いです。これはクレジットカード会社が直接病院に診察料を支払ってくれる便利な保険です。ただ、まだキャッシュレス診察には対応していない保険もありますのでこちらの場合は一旦建て替えてからクレジットカード会社より給付を受けることとなります。